PLENSETTM

プレーンセットTM
含浸接着タイプ
PLENSETTM

プレーンセットTM
 含浸接着タイプ

ページ内メニューicon

プレーンセットTM 含浸接着タイプとは

完全液状タイプの硬化システムを応用し、狭ギャップや微小量の塗布でも分離による硬化不良なく接着することができます。
80℃~120℃の加熱で30分~60分で完全に硬化します。
硬化物から発生するアウトガスが少なく、HDD部品など低アウトガス性が要求される精密機械へ適用できます。(品種:AE-780)
常温でのポットライフに優れているため、吐出工程の安定性に優れます。

こんなことでお困りではありませんか?

部品組み立て後の隙間に流し込んで
接着、封止を行いたい
case
01
icon
狭い隙間へ流し込んだ際に
未硬化分離が発生する
case
02
icon
低い加熱温度で
含浸接着、封止を行いたい
case
03
icon

それを解決するための製品はプレーンセットTM 含浸接着タイプ

10um以下の狭小部、隙間へ
微小量の塗布でも未硬化分離なく
接着、封止が可能になります。
特長
その1
icon
独自の完全液状の
硬化システムを応用し、
低温硬化性を付与しています。
特長
その2
icon
流し込みやすい粘度の低いものを
ラインナップしています。
特長
その3
icon

用途

・HDDスピンドルモーターの組み立て
・モーターマグネットの接着

含浸接着タイプ適用例
HDDスピンドルモーターの接着
永久磁石 ヨーク コイル+鉄芯
項目 AE-403H AE-740 AE-780 条件



色調・外観 黒色粘稠液体 黒色粘稠液体 赤色粘稠液体 目視
粘度 7Pa・s 13Pa・s 9Pa・s E型粘度計、25℃、50rpm
チキソ比 1.1 1.3 1.1 E型粘度計、25℃、5rpm/50rpm
ゲルタイム 65秒/80℃ 22秒/80℃ 17秒/90℃ ホットプレート
標準硬化条件 80℃×30分 80℃×60分 90℃×60分 熱風循環式オーブン




引張りせん断接着強さ 14N/㎟ 18N/㎟ 18N/㎟ JIS K-6850(銅板)
ガラス転移点 35℃ 51℃ 100℃ TMA測定
熱膨張係数 α1 71ppm 94ppm 83ppm
α2 192ppm 179ppm 154ppm
本資料中のデータは代表値であり、規格値ではありません。本試料の内容は予告なく変更することがあります。

お問い合わせの流れ

STEP1
電話、フォームでの
お問い合わせ
STEP2
お客様の課題、
要求特性などをお伺い
STEP3
評価サンプルの提案、送付
STEP4
お客様でのご評価
STEP5
ご評価結果のヒヤリング
STEP6
既存品での対応が難しい場合
STEP7
開発テーマ化のご相談、検討

Contact usお問い合わせ/資料請求

お電話でのお問い合わせ 044-221-2372
お電話でのお問い合わせはこちらから
フォームでのお問い合わせ フォームでのお問い合わせ
フォームからのお問い合わせはこちらから