HOME > 機能材料 > 工業用接着剤・封止剤「プレーンセット」 > 導電性タイプ CA・CJシリーズ

導電性タイプ CA・CJシリーズ

機能材料メニュー

導電性タイプ CA・CJシリーズ

機能材料事業部044-221-2372この製品に関するお問い合わせ

特長

  • 一液性エポキシ樹脂導電ペーストとしては他に類の無い、100℃以下での硬化が可能です。熱に弱い部品に使用したり、他の接着工程と統一して硬化することができます。
  • 150℃の中温領域で1分以内に硬化することができます。硬化時間を短縮し、生産工程の効率UPに貢献します。
  • CJシリーズは80℃での硬化が可能です。
ページ上部へ戻る

用途

  • はんだ代替ペースト
  • ダイアタッチ剤

CAシリーズ

項 目 CA-40 CA-46 条 件



フィラー -
外観 銀色ペースト状 銀色ペースト状 目視
粘度 80Pa・s 20Pa・s E型粘度計,
25℃, 5rpm
チキソ比 6.5 3.0 E型粘度計,
25℃, 0.5rpm/5rpm
標準硬化条件 100℃×30 分 100℃×30 分 熱風循環式オーブン




せん断接着強さ 3.5N/mm2 3.5N/mm2 銅張りガラエポ板
ガラス転移点 91℃ 110℃ TMA 測定
抵抗値 2×10-4Ω・cm 5×10-3Ω・cm

本資料中のデータは代表値であり、規格値ではありません。本資料の内容は予告なく変更することがあります。



CJシリーズ

ガルバニック腐食抑制 導電性接着剤

ガルバニック腐食について

電位の異なる異種金属を接合した場合、電位差が大きい金属間では高温高湿環境下で腐食現象が発生します。
この現象をガルバニック腐食といいます。
導電性接着剤(Ag)と端子金属(Sn、Niなど)の場合には

  • 電位の高いもの(Ag)→カソードとして作用
  • 電位の低いもの(Sn、Ni)→アノードとして作用

その結果、図に示すような電池が形成され、 導電性接着剤と端子金属の接触抵抗が上昇します。



ガルバニック腐食を抑制できれば

導電性接着剤でのはんだ代替が可能です。また、リフロー(高温処理)やフラックスの洗浄 が不要となるため、工程の削減や耐熱性の低い材料の使用が可能となります。

項 目 CJ-721 CJ-727 条 件



導電粉含有量 75% 80% -
外観 銀色ペースト状 銀色ペースト状 目視
粘度 27Pa・s 70Pa・s E型粘度計,
25℃, 5rpm
チキソ比 3.2 4.5 E型粘度計,
25℃, 0.5rpm/5rpm
標準硬化条件 80℃×60 分 80℃×60 分 熱風循環式オーブン




せん断接着強さ 4.5N/mm2 4.5N/mm2 銅張りガラエポ板
ガラス転移点 88℃ 92℃ TMA 測定
抵抗値 1.2×10-3Ω・cm 5.0×10-4Ω・cm

本資料中のデータは代表値であり、規格値ではありません。本資料の内容は予告なく変更することがあります。

ページ上部へ戻る
機能材料事業部044-221-2372この製品に関するお問い合わせ

味の素ファインテクノは絶縁材料ABFシリーズをはじめとする味の素グループのファインケミカル事業の中核を担う会社です。

ページ上部へ戻る