entry

はじめに知る、AFT AFTだから、できること

TOPIC_03

お客様と直接コミュニケーションをとる機会が
多いってホント?

topic03の画像
お客様視点と
お客様起点から
イノベーションは
生まれる

私たちのありたい姿に「イノベーションプロバイダー」があります。このイノベーションは、私たちではなくお客様やその先の消費者で起こるイノベーションを指します。すなわち、お客様や消費者の困りごとをしっかり把握するところから私たちの研究開発が始まります。そのため、私たちはお客様との接点、関係構築をとても大切にしています。例えば、週1回以上お客様とミーティングをすることもあります。そこでいただいた開発のヒントを迅速に開発品まで落とし込み、お客様でご評価いただきます。良い結果が得られれば、お客様と信頼関係が生まれ、さらに良いサイクルでイノベーションを起こし続けることができます。
若手研究員も、早いうちから開発のメンバーとしてお客様とのやりとりを実践できるため、企業で事業に繋がる研究開発・プロセス開発に必要な考え方・技術を学ぶ機会があります。単なる改良品の提供でなく、生産、品質保証、物流、さらにはお客様での工程等のバリューチェーンを考慮した製品開発に貢献できます。また、お客様の潜在的ニーズから開発テーマ提案、新技術・ビジネスモデル探索など、研究者としてだけではないマーケター、イントレプレナーとしてのスキルを磨くこともできます。

次に見るべきコンテンツ

  • top message