HOME > 企業情報 > 沿革

沿革

企業情報メニュー

沿革

1942年 味の素株式会社と日本石油株式会社との共同出資により日本特殊油製造株式会社を設立
資本金250万円
1946年 味の素株式会社が日本石油株式会社の全持ち株を引き受け、商号を三工株式会社に変更
本社を都内より現在地に移転
1950年 パラフィンワックスを原科とする「エンパラ」の製造開始
1968年 資本金1億円に増資
1982年 塩化ビニル樹脂安定剤「プレンライザー」STシリーズ製造開始
1988年 一液性エポキシ系接着剤「プレーンセット」製造開始
1996年 「エンパラ」の製造中止(OEM品に切替)
1998年 味の素株式会社のケミカル事業、電子材料事業と既存事業を統合
商号を味の素ファインテクノ株式会社に変更
1999年 資本金3億円に増資
北越炭素工業株式会社と合併、活性炭事業本部設立
資本金3億15百万円
絶縁材料用ワニス工場増設
2000年 TAB用ソルダーレジストインキ工場増設
一液性エポキシ樹脂硬化剤「アミキュア」製造開始
2001年 絶縁材料用ワニス工場新設
テクノセンター新設
2003年 吸着樹脂工場更新、増設
2004年 TAB用ソルダーレジストインキ工場新設、活性炭事業部事務所棟新築
2005年 「プレンライザー」STシリーズ製造中止(OEM品に切替)
2006年 絶縁材料用ワニス工場(B棟)新設
2007年 群馬県利根郡昭和村に群馬工場を新設
2008年 テクノセンター2号館新設
2012年 群馬工場増設
2015年 米国カリフォルニア州に、味の素ファインテクノUSA社(100%子会社)を設立

味の素ファインテクノは絶縁材料ABFシリーズをはじめとする味の素グループのファインケミカル事業の中核を担う会社です。

ページ上部へ戻る