HOME > 機能化学品 > 潜在性硬化剤・硬化促進剤「アミキュア」 > 「アミキュア」VDH、UDH

「アミキュア」VDH、UDH

「アミキュア」VDH、UDH

機能材料事業部044-221-2372この製品に関するお問い合わせ

一般的性質

  VDH UDH
化学名 1,3-ビス(ヒドラジノカルボノエチル)
-5-イソプロピルヒダントイン
7,11-オクタデカジエン-1,18
-ジカルボヒドラジド
外観 白色粉体 白色~淡黄色粉体
真比重 1.33 1.15
融点 120℃ 160℃
溶解度(g/水100g 25℃) >100 <1
化審法既存物質番号 (5)-5838 (2)-3464
CAS
No.
88122-32-1 79240-70-3
特長 エポキシ硬化剤として 無色透明な硬化
アクリルエマルションの架橋剤
可とう性付与
硬化発熱小さい
活性水素当量 78.5 91.5
配合物物性(液状ビスフェノールA型エポキシ樹脂に硬化剤として配合した場合)
 硬化条件 110℃-60分 130℃-60分
 ポットライフ(40℃)* 1週間 1ヶ月
 ガラス転移点 130℃ 100℃
 硬化発熱 大きい 小さい
 剪断接着強度(軟鋼/軟鋼) 110kgf/cm2 260kgf/cm2
 硬化物外観 無色, 透明, 光沢あり

淡黄色, 透明, 光沢あり

※ポットライフ:初期粘度の2倍に達するまでの期間の目安

ページ上部へ戻る

硬化剤としての特性

  VDH UDH 比較例
エピコート828 100 100 100
アミキュアVDH 41
アミキュアUDH 48
ADH 23
初期粘度
(mPa・s)
45000 88000 78000
40℃ポットライフ
(日)*
7 30 >30
ゲルタイム(分) 110℃ 18.4 94
130℃ 6.1 18.5 85
150℃ 3.1 5.9 14.1
170℃ 2 3.4 3.8
DSC硬化発熱
(℃)
開始温度 120 144 161
最高発熱温度 127 156 173
硬化物物性 硬化条件 110℃-60分 130℃-60分 150℃-60分
Tg(℃) 130 100 140
剪断接着力
(kgf/cm2)
116 260 184
引張強度
(kgf/cm2)
350 558 275
引張 伸率
(%)
2.2 8.3 2.8
引張 弾性率
(kgf/cm2)
18100 7100 13200
硬化収縮
(%)
1 0.57 1.82
吸水率
(wt%)
1.08 0.81 1.6

※ポットライフ:初期粘度の2倍に達するまでの期間の目安

本資料中のデータは代表値であり、規格値ではありません。本資料の内容は予告なく変更することがあります。

ページ上部へ戻る
機能材料事業部044-221-2372この製品に関するお問い合わせ
味の素ファインテクノは「味の素ビルドアップフィルム」(ABF)をはじめとする味の素グループのファインケミカル事業の中核を担う会社です。
ページ上部へ戻る