HOME > 企業情報 > 地球持続性への貢献(地球との共生に向けて)

地球持続性への貢献(地球との共生に向けて)

企業情報メニュー

地球持続性への貢献(地球との共生に向けて)

取り組み

味の素グループは、社会とお客様とともに地球との共生に貢献し、持続可能な『循環型社会』を目指します。*1
人間による消費需要が地球の生産能力を超えている状況下で、地球環境を守りながら経済活動や日常生活を維持していくためには、「持続可能な生産と消費」の追求が不可欠です。味の素ファインテクノ株式会社は、品質・環境・安全衛生方針のもと「持続可能な生産と消費」の実現のために、生産上はもとより消費・利用上の省エネルギー効果を意図した製品の開発と生産、グリーンエネルギーの活用促進への貢献、フロン利用の計画的削減、廃棄物を含む資源の循環、化学物質の適切な管理に取り組むことをお約束します。
2018年度からの新たな取り組みとして、グリーン電力証書システム*2に参加し、生産にかかる電力のうち年間600万kWh相当量の自然エネルギーの普及への貢献を開始しました。*3


*1:味の素グループ 地球との共生
  https://www.ajinomoto.com/jp/activity/csr/pdf/2017/f2.pdf
  https://www.ajinomoto.com/en/activity/csr/pdf/2017/SpecialFeature2_en.pdf

*2:グリーン電力証書システム
  http://www.natural-e.co.jp

*3:当社で使用する電力の50%以上に相当する600万kWhを
バイオマス発電による自然エネルギーでまかなっています。

品質・環境・安全衛生方針

基本理念

味の素ファインテクノ株式会社は、市場ニーズにマッチした高品質な電子材料、機能材料および活性炭分野の製品を開発、生産し、サービスと共に提供することにより、人々の明日のより良い暮らしに貢献します。これを実現するため、順法を基盤として労働災害・事故の防止、快適な職場環境づくりを進めるとともに、技術力・開発力を活用して生物多様性の保全と持続可能な社会への実現に向け積極的に取り組みます。

また、味の素グループが創業以来展開してきた、事業を通じた社会的課題解決への貢献による社会・地域と共有する価値創造、すなわちASV(Ajinomoto Group Shared Value)を実現します。*4


*4:味の素グループ サステナビリティへの考え方とASV
  https://www.ajinomoto.com/jp/activity/csr/pdf/2017/csr_03-06.pdf
  https://www.ajinomoto.com/en/activity/csr/pdf/2017/ASV-en.pdf

品質環境安全衛生方針

1.品質要求
  私たちは、お客様にご満足頂ける安全、高品質な製品とサービスを提供します。

2.信頼に応える
  私たちは、適切な情報を提供することでお客さまや利害関係者の信頼にお応えします。

3.人と地球に貢献できる商品の開発
  私たちは、お客様にとって環境負荷やリスクの少ない製品、プロセスの提供を推進し、
  人と地球の環境や安全に貢献します。

4.順守義務
  私たちは、関係法令、お客さまや利害関係者からの要求事項を順守し、これらの変化に
  対して的確に対応します。

5.事故、災害の予防

  私たちは、事故、災害を未然に防止し、無事故・無災害を継続します。

6.環境負荷とリスクの低減

  私たちは、低炭素型社会と資源循環型社会の実現のため資源を有効利用し、省エネルギー、
  省資源および廃棄物の削減に努めます。また、取り扱う化学物質の環境と労働安全衛生に
  与える影響を認識し、環境汚染を防止するとともにリスクを低減します。

7.マネジメントシステム

  私たちは、トップマネジメントのリーダーシップのもと、品質・環境・労働安全衛生の
  目標を定め、マネジメントシステムを効果的に運用して継続的改善に取り組みます。

2017年6月19日

味の素ファインテクノ株式会社

代表取締役社長

味の素ファインテクノは「味の素ビルドアップフィルム」(ABF)をはじめとする味の素グループのファインケミカル事業の中核を担う会社です。
ページ上部へ戻る