プライベートと両立しながらさらにキャリアップできる!原動力は仕事で得られる達成感です

研究開発部 第2グループ
2002年新卒入社 科学工学専攻

Q1
現在の仕事内容を教えてください。

私の所属するグループでは、接着剤やフィルム材料を製品化するための開発を行っています。お客様とのお打ち合わせに参加して製品や技術についてプレゼンを行ったり、電話やメールなどでやり取りしたりして、材料のニーズをお客様から直接聴き取っています。そして得られた情報をもとに、要求性能やプロセスに合致した材料を提案できるよう、さまざまな配合を試して評価を行い、開発を進めていきます。さらに製品化にあたり、製造部門と生産検討を進めつつ、品質保証部門と仕様を検討するなど、他部署のメンバーと協力しながら業務を行います。開発はテーマごとにいくつかのチームに分かれて行いますが、お客様の課題解決のためにどんな提案ができるのか、グループ全員で意見を出し合い、開発を促進させています。

Q2
学生時代の研究分野は?
今の仕事に役立っていますか?

新しい測定装置を組み立てて測定し、その結果からデジタルシミュレーションを用いて反応速度解析を行う研究をしていました。研究課題そのものは現在の仕事に直接的には関係がありませんが、研究開発部では、自分が開発した材料や製品を様々な測定方法を用いて評価していく必要があったり、製品が適用される電子機器の構造を知る必要があったりするので、そうした考え方の基礎においては学生時代に培ったことが活かされていると思います。

Q3
職場はどのような雰囲気ですか?

部署内は非常に活気があると感じます。他グループや他部署のメンバーと話す機会も多く、会社全体の垣根が低くて風通しのよい会社だと感じますね。また、フレックスタイム勤務制度や在宅勤務制度が導入されており、それぞれ自分の裁量で勤務時間をある程度コントロールできることは、仕事とプライベートと両立させる上で働きやすい環境だと思います。
部署には子どもがいる社員もおり、急な体調不良にも柔軟に対応していますし、個人の趣味や旅行での休暇を取ったり、家族の予定に合わせて勤務時間をずらしたりするなど、各自の都合で仕事を調整したり休んだりできる風土があるので、とてもありがたいですね。

Q4
仕事のやりがいや喜びは何ですか?

入社当初は、味の素グループが化成品を扱っていることがあまり知られておらず、お客様に冷凍輸送でサンプルを送ると「冷凍食品が送られてきたのかと思った」と驚かれたこともありました(笑)。しかし、その後のお客様対応やサンプル改良を通して当社の技術力を知っていただき、「味の素ファインテクノに頼んでよかった」とお言葉をいただいたときには大きな達成感を感じました。会社の技術力や提案力をブランディングする過程を自分で開拓できたことは、いまのやりがいにもつながっています。

Q5
入社してよかったと思うことは
どんなことですか?

お客様対応から開発、製品化プロセスまで、幅広く業務を経験できることは、仕事をする上でとても刺激になります。また、これまでなかった新しい性能を持つ材料を開発し、製品化することで、誰かの便利や幸せにつながっていくということを実感できるので、常に前向きに仕事に取り組むことができますね。
産休・育休などの福利厚生制度が整っており、同じ境遇で働いている社員がいるところも魅力です。私も産休・育休制度を利用しました。最近では出産・育児に関する制度が、法定基準よりもさらに充実しています。

Q6
今後の目標は何ですか?

現在開発を進めている製品を、新しい事業の柱として成長させることが目標です。そのためには、お客様が本質的にどんなことを求めているのか、お客様の業界がどのように展開していくのかをよく知ることも重要になります。材料開発だけに限らず、新しい評価方法を見出したり、お客様のプロセスに関わる部分まで検討したり、当社だからこそ提案できることに取り組んでいきます。マネージャーとして、チーム全員が業務を通して成長しながら活躍し、常に変化し続けている世の中で当社の材料が役に立ち続けられるようにしていきたいと考えています。


time line明日をつくるある日の1日

6:30
起床
朝食の準備、家族で朝食。家族・子どもを送って、そのまま自転車で出社。
8:40
出社、業務開始
メールチェック、チームメンバーからの相談ごとについて話し合い
主に実験方針や顧客対応の相談ごとが多いですが、何が問題なのか、どのように対応したら課題が解決するかを考え、実施事項を決めていきます。チームのメンバーが相談にきたら、いつでもフリーアドレスの居室や実験室で、小さなミーティングを活発に行っています。
10:00
顧客とWeb会議 製品・技術紹介プレゼン、ディスカッション
お客様の真の課題を明確にするために、お客様のプロセスや課題を聴き取りながら、ディスカッションを行います。ここで得られた情報をもとに、改良検討や新規開発を行うのか、新しいデータを取得して報告するのかなど、お客様に次にどのような提案を行うのかを決めていきます。
12:00
昼食
13:00
午後の業務開始、他部署メンバーとミーティング
お客様に安定した品質の製品を供給し続けるために、日々各部から上がってくる課題を製造、品質、事業部部門と共有化し、方針を決定する会議に参加します。
15:00
知財ミーティング
新規開発の特許出願や、お客様との契約に関する相談をするため、知財部門担当と話し合いを行います。自分自身で出願を検討することもありますし、チームメンバーの出願についてもフォローしています。特許出願は入社1年目から積極的に経験してもらっています。
17:30
業務終了
メールチェックをして退社。18:00には子どもが家に帰ってくるため、間に合うように帰宅します。
18:00
帰宅
夕食の準備、子どもたちの世話など


time line休日の過ごし方

休日はほぼ家族と過ごしています。いろいろな場所へ出かけ、童心にかえって遊ぶことが楽しみです。最近は子どもの影響で、乗り物に詳しくなってきました(笑)。また、私のつくるキャラおにぎりを楽しみにしてくれていて、お弁当の日はいろいろとリクエストされるので頑張ってつくっています。


time line学生のみなさんへ

当社は開拓者精神を求められる会社だと思います。自分で考えて、自分で働きかけながら、チャレンジ精神を持って仕事に取り組めば、非常に達成感のある仕事ができる会社だと思います。私自身もライフステージを経て仕事をしていますが、プライベートと両立しながらキャリアを積み重ねたいと感じる環境が整っている会社だと思います。さまざまな人がさまざまなやりがいを持って働いていることを実感できる当社で、ぜひ一緒に働いてみませんか?