世の中にない材料をゼロから生み出すことに、挑戦できる環境です。

研究開発部 第2グループ
2016年新卒入社 機能発現工学専攻

Q1
現在の仕事内容を教えてください。

研究開発部第2グループにて、接着剤の研究開発を行っています。日頃は、お客様要求に見合う接着剤の開発を行っていますが、接着という機能・価値を提供するという視点に立ち、接着の原点に立ち戻っての基礎検討も併せて行っています。

Q2
学生時代の研究分野は?
今の仕事に役立っていますか?

有機金属化学・錯体化学の研究室に所属していました。研究の進め方・考え方を研究室で学び、会社での仕事に大いに役立てています。というのは皆さんも耳にするかと思いますが、それに加え、何か新しいことを自分で調べながら進めていく際に、学生時代に学んだ科学・工学全般の基礎知識が直接的に役に立つ場面によく遭遇します。
また、修士の研究で、データが出ずの頃に無我夢中で行った実験の日々のなか、ふとした瞬間によい結果にできた経験が、今の自分の大きな自信となり、研究開発を突き動かしています。

Q3
職場はどのような雰囲気ですか?

製品化に向けての検討では、他部署の人たちとベクトルを合わせて仕事をする機会もあり、自然と会社全体に知り合いが増えますし、一つの目標に向かっての一体感が生まれます。そんなことがあると、すれ違った際などにつまらない(面白い)冗談を交わせるような仲間になり、部長や役員の方々とも気さくに話ができて、風通しがよい職場です。
また、グループや研究開発部の報告会に社長が参加されることもあり、研究内容に関して社長と直接メールのやりとりがあるなど、スピードのある会社だと感じています。

Q4
仕事のやりがいや喜びは何ですか?

何々に詳しそう、こんなことできますかと、社内外の人たちから頼ってもらえる機会が増えたときに、ふと自分の成長を実感しました。また、自分が開発に携わった製品が使われている電気製品を店で実際に目にすると、何ともいえない感慨深い気持ちになり、「にまっ」とする自分にふと気づきます。

Q5
入社してよかったと思うことは
どんなことですか?

私自身の就活では、あまり分業化が進み過ぎず、一人でいろいろなことを多角的に考えながら研究ができる会社という目線で探していましたが、AFTは会社説明会の印象通りで、本当に多くのことを経験でき、自身の成長を実感できる会社だと入社し配属されて思いました。
また、私は2020年度に技術部から研究開発部に異動したばかりですが、若手は特にジョブローテーションをさせて、いろいろな部署で多くの経験を積める会社だとも思っています。

Q6
今後の目標は何ですか?

担当している接着剤がお客様にて認定を受け、これから量産に進みます。この製品の事業化に始まって、どんどん大きくしていくこと、そして性能を上げることです。また、当社の製品を超え、お客様にとっての価値を追求し、本当に必要とされるもの、技術を開発していくことが目標です。そのためには、接着という現象に向き合い、化学的、物理的なメカニズムを解明していくことも必要です。
また、入社から数年が経ち、研究テーマのリーダーを任される機会も近いと感じています。そのときを想定し、後輩の育成にも励み、会社の成長とともに自分もさらなる成長をしていきたいと考えています。


time line明日をつくるある日の1日

7:30
起床、朝食、通勤
8:30
出社
ラジオ体操、メールチェック
9:00
実験
配合と物性評価
11:00
グループ内でミーティング
先輩社員や上司とディスカッションしつつ、今後のスケジュールも確認します
12:00
社員食堂で昼食
昼寝習慣のある上司の隣で15分ほど仮眠を取り、午後もスタートダッシュで業務を再開しています
13:00
実験
配合と物性評価
15:00
お客様とのミーティング
海外の方々と英語で会議する機会も多いです
16:00
資料作成
実験のデータまとめと、社内外へ提出する資料を作成します
18:30
退社
19:30
夕食
外食することが多く、その後、喫茶店で自己研鑽・勉強などするのが日課です


time line休日の過ごし方

学生時代の友人とたまにサッカーをしたり、近所にあるボルダリングジムに通ったりして、ストレスも発散し、翌週の仕事の英気を養っています。有志でのフットサル活動や、グループ会社の方々とのバレーボールの班活動なども行っています。


time line学生のみなさんへ

自分の判断基準を持ち、しっかりと下調べをした上で、最後は自分の直感と勇気を信じて決断するものかなと思います。そのためにも、まずは幅広い情報収集が大事です。
会社選びはとても重要ですが、今、研究室で一所懸命実験している情熱を就職後も続けていくと、上司、仲間とのよい出会いがあり、新技術、新製品を世の中に出す機会を得ることができると思います。
もし、当社に興味を持っていただけた際は、ぜひとも会社説明会に参加してもらえればと思います!